忍者ブログ

それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)!

70年代ロボットアニメ・ゲッターロボを愛するフラウゆどうふの創作関連日記とかメモ帳みたいなもの。

バレンタインだよ!ヒドラー元帥!(がんばれ!ヒドラー元帥シリーズ)

地球という星の上で、暦は刻一刻と刻まれていく。
かつて、海や山で国々が寸断された昔ならまだしも、世界が通信網で覆われた今現在では、時差はあれどもその暦はほぼ共通。
すなわち、1年は12か月。1週間は7つの曜日。
そして、今年の今日、2月14日は…日曜日である。
それを僥倖と噛みしめ、感謝しているのは…何も、彼だけではないだろうが。


その男は今、あまり彼には似つかわしくない場所にいた。
いや、「潜んでいた」という方が正確か…
彼は、今、「ネットカフェ」にいる。
そう、あの若者たちが怠惰な時間つぶしに使う、マンガだのネットが使えるコンピュータだのドリンクバーだのがある、ああいった場所である。
彼は今までそのような場所に足を踏み入れたことはなかった。
しかしながら、今日この日、2月14日が彼にそうさせたのだ。
そのうえ、長いコートにサングラス、しかも似合わぬ長髪ウィッグまでかぶり、姿かたちを全く変えようとしているのだから。
狭苦しい個室の中、ドリンクバーでとってきたホットコーヒーを傍らに置き、うすぼんやりと光るパソコンのディスプレイ画面に向かい…
そこでようやく、彼は鬱陶しいサングラスとコートを取り、一息つくことができた。


彼の名はヒドラー、百鬼帝国軍の元帥である。


慈悲深く思慮深いブライ大帝は、世界征服を志す国家のトップとして凡百どもが考えがちな「独自暦の導入」に賢明にもNOを出された。
外の世界とのギャップをうめるための新たな手間をかけるだけの価値がない、と考えられたのだ。
それゆえ、今日は世界的にも、百鬼帝国的にも、2月14日。
一般には「バレンタインデー」と呼ばれる日である。


チョコレートで愛や感謝を伝える日。
百鬼帝国では、ブライ大帝がかつて日本という国で過ごしていたことから、日本と同じく主に女性から男性にチョコレートを渡す日とされている。
しかしながら、それがすべて純粋な思いであればいいのだが…
残念ながらそうはならない。
一方的にチョコレートを与えるだけなのはおかしい、と思う者がいるのも当然で。
その1か月後、それを「ホワイトデー」と称する。
バレンタインにチョコをもらった者は、すべからくホワイトデーにそのチョコをもらった者に「おかえし」をせねばならない…
そんな鬼の仁義、鋼の不文律が出来たのは、いつごろだろうか。
これにより、「バレンタインに、ホワイトデーのお返し目当てでチョコレートを配る」不届き者がはびこる…それがこの百鬼帝国でも常態化してしまった。
ヒドラー元帥は、心の底から菓子業界の陰謀を疑っているほどだ。
だが、彼がどんなに不平不満を訴えても、いったんできた世間の流れは最早変えられない。


そう、彼は、標的とされる人物であった。
愛ではない。
感謝でもない。
ホワイトデーのお返しに高額なモノを出すことを要求される、ただのかっぱぎ対象だ。


今日が日曜日であることは、大いに彼の助けになる。
何故なら休日であるため出勤しなくともよいから、女性の部下とも会う危険性がない。
月曜に出してこようものなら、「何を馬鹿なことを!とっくに過ぎておるではないか!」と却下すればいいのだから。
しかし、だからと言って自宅でまったりもできないのがつらいところ。
数年前、同様にバレンタインが日曜日に当たった時、自宅を襲撃してきた連中が多数いたためである。
そのため、緊急避難先として元帥が選んだのが…このネットカフェである。
こんな場所、今まで来たこともない。家からもかなり離れた街中だ。
また、百鬼帝国軍元帥がこんなところに来るなどと想像する者もいないだろう。
念には念を入れ、金髪のウィッグまでつけて、いつもの七三スタイルを隠している…
彼の予測通り、ここまで知り合いには誰にも会わずに来れた。
今現在、昼の1時…
「ゆったり!8時間パック」に2時間延長もするつもりだ、これなら今日を逃げ切れる。
娯楽の殿堂とはいえ、コンピュータがあるのはありがたい。
重要な情報を含む仕事はできないにせよ、作っておかねばならない書類作成くらいは出来るだろう…
ヒドラー総統は珈琲を一すすりし、気合を入れ…仕事を開始しようとした。



その時だった。



ぞ、と、背中を這い回る、悪寒がした。
それは視線。
見られている。
見られている。
気づいたとたんに、全身が硬直し、それなのに大汗がどおっ、と噴き出してくる。
振り返るな。
振り返るな。
振り返るな。
見るな、見るな、見るな見るな見るな見るな。
ああ、だが…気のせいかもしれない。
気のせいかもしれないじゃないか、そうだろう?
自分勝手な希望が、ヒドラーを動かしてしまう。
どうしても確認したくなってしまう。


ゆっくりと、彼は振り返る…
本能が叫んでいる、振り返るな振り返るな見るな見るな見るな。


ああ、だが…
見て、しまった。


ネットカフェ特有の間接照明だけに頼った薄暗い空間
やけに静まり返った、空調の音だけが流れる空気
ブースの入り口、扉のその上
光っている、ぎらぎらと光っている
目、目、
それは一対の…鬼の目!


「ひ、ひぎゃあああーーーーーーーッッ!」


ネットカフェに響き渡る、絶叫。
驚きのあまり、文字通り飛び上がってしまったヒドラー…
そのはずみでずれ落ちた金髪ウィッグが、ばさり、と無様に床に落ちる。
「クックック…見つけた、見つけ出したぞえ、ヒドラー元帥!」
「は、白髪鬼?!」
真っ白な長い髪を逆立てる、その壮年の鬼女は…百鬼帝国百人衆が一人、白髪鬼!
情報収集をも得意とする彼女は、ヒドラーの隠密行動など見破るのに容易すぎるものだったのか…
らんらんと輝く目は血走っており、正直マジで怖い。
「ここで会ったが百年目…さあ、覚悟はいいかえ?!」
「ひ、ひいっ…」
気迫。
それに一瞬押されたが、ヒドラーはすぐさま反撃に転じようと立ち上がった、
ブースの中に入られては…終わりだ!
「さあ!受け取るがよい!ワシのバレンタインチョコォ!!」
「い、いらん!結構だ!結構です!」
ブースの扉を全力で押してくる白髪鬼に、これまた全力で対抗するヒドラー。
思わず最後のほうで敬語になってしまったのは、しかし惰弱のあらわれか。
必死で入ってこようとする白髪鬼を押しとどめていると、そこにやって来たのは…ネットカフェの若い店員。
しかし、彼も味方ではない、決して。
面倒くさそうな、だるそうな口調で(そしてやたら間延びした口調で)、無表情気味にこう言ってくるだけだ。
「あのぉ~お客さァん、あぁんまりうるさくすっと他の人にめぇわくなんすよねぇ~」
「う、うるさい!見ておらんと助けんか?!」
「はぁ~~~~~~~~?」
目の前の客が、こんなにも冷や汗をだらだら流しながら、侵入者に恐怖しているというのに…
助けを求めても、だるそうに、やったら語尾を伸ばして間の抜けた声を漏らすだけ…
この無礼者が!処刑だ!と怒鳴り返すだけの余裕は今のヒドラー元帥にはない、
驚愕に見開かれた彼の網膜に、爪鋭い指で小さな何かを懐からつまみ出す白髪鬼の姿!
ああそれはチルルチョコ、20ブライ(注:百鬼帝国のお金の単位は「ブライ」。だいたい1ブライ=1円)で買えて幼稚園の子どもでも安心の駄菓子…
義理チョコにもほどがあろう、と言うそれを、包装も剥かずに。
「わかっておろうなぁヒドラー元帥!ほわいとでーは…三千倍返しぞえ!!」
「な、何ィ?!い、一般的には三倍…」
「問答無用ッ!!」
暴利、あまりにも暴利。
反論しようとして口を開けた、だがヒドラー元帥はそうすべきではなかった。
その間隙を割り、凄まじい勢いで繰り出される白髪鬼の一突き。
喉奥まで割り込む、暴虐の一突き(申し訳程度に、その先端にチルルチョコ)。
衝撃と激しい痛み。
強制的に喉奥に広がる甘味に混じって、血の味。
ついでに前歯が折れる嫌な音と感触が混ざり合い、とうとう、
ヒドラー元帥はショックで意識を喪失した。

遠くで店員のむかつく声が、やけに間延びして響く…

「おきゃくさーん、あんまり騒がれっと退店してもらうッスよぉ~~~~…?」



嗚呼、
がんばれ!ヒドラー元帥!
来年は火曜日だ、有給取って日本まで逃げようぜ!



拍手[3回]

PR

悲劇のゲッターQについて考える そのさん

リョウ「恐竜王女とやら!ミユキさんの仇、討たせてもらうぜ!」

リョウの言葉に、自分にゲッタートマホークを向けんとするリョウの言葉に、
恐竜王女ゴーラは、泣いている。

ゴーラ(ありがとう、リョウさん…私のために、それほどまで…
ミユキは…「ミユキ」は悔いなく死んで行けるわ…)

メカザウルス・ギンを向かわせたのは、娘に死んでほしくない父の思い。
だが、そのギンの攻撃を身をもって受けたのは、そのゴーラ自身だった。

「ゴールお父様、お父様を裏切ったゴーラを許して…
早乙女のお父様、お父様を裏切ったミユキを許して…」


これは、私がゲッターロボの物語の中で聞いた、もっとも悲痛なセリフだ。
そこに至って、早乙女博士はようやくそれが「娘」であったことを知る。
「娘」は敵種族の一員で、
おそらく(そのとおりなのだが)ゲッタークイーンの設計図を盗み出したスパイで、
そしてメカザウルスからの攻撃からゲッターチームをかばい、
今、まさに、目の前で…死んでいく。
恐竜帝国も人間たちも裏切れなかったために、自分を滅ぼして。

帝王ゴールにとっても、その絶望は重い。
娘は敵にも心を通わせ、自分たち恐竜を「裏切る」だけならまだしも、
自分たちに刃を向けることもできず、
「自殺」という形で、自分が消える選択肢を選んだ。
むしろ攻撃を加えてきた方が、彼自身ゴーラを裏切り者と割り切れてよかったかもしれない。
だが、ミユキはそうしなかった。


人間と、ハ虫人。
その両方の心を持ち、
その架け橋になりえたかもしれない存在である、恐竜王女ゴーラ…早乙女ミユキ。
けれども、彼女は、そのどちらにもやさしすぎて、
結局は、自分を消すことでその葛藤を終わらせた。


ギンに体当たり特攻を喰らわせる寸前に、彼女がつぶやいた言葉。
それは、早乙女博士のこと?それとも帝王ゴールのこと?
それとも、その両方なのか…?


「さよなら、『お父様』…!」


「人間と恐竜が殺しあうのはやめて…
同じイキモノ同士が、殺しあうのはやめて…!」


彼女の悲痛な、最後の言葉。
けれども、もう、それは早乙女博士にも帝王ゴールにも届かない。
「娘」を失ってしまった彼らには、退くことは最早できなくなったのだ。


スパロボAで、彼女は選択肢によっては生き残る。
それは、喜ばしいことだけれども、ある意味では、哀しい。
「帝王ゴールを完全に裏切った」ということになるから。


どちらも愛し、どちらも捨てきれず、どちらをも裏切った。
それこそが、この「悲劇のゲッターQ」を名作足らしめている要素だと、私は思っているので…

拍手[1回]

2016年2回目のサイト更新(*^◯^*)

しました(*^◯^*)
以前書いていたショートストーリーのサルベージ
これのストックはまだ5つくらいある

ゲッターこばなし、次はやっぱり「節分」かな?とか思ってます
まあ、百鬼帝国だから、その国の中で「鬼退治」する節分行事はないと思うのですが…
完成したら、12月1月2月で「ゲッターこばなし・冬」として
サイトのほうにサルベージしたいですね!

長編小説、4月までには終わらせたいなぁ…
もうちょっと仕事やなんやらとのバランスを取りながらがんばりたいです!

拍手[1回]

悲劇のゲッターQについて考える そのに

ミユキの姿になり、早乙女家に帰ってきた恐竜王女ゴーラ。
わずかな時間を過ごし、そしてまた姿を消してしまう…
「早乙女家にお別れがしたい」と行って出てきたゴーラですが、
おそらくミユキの帰りを誰よりも喜んだのは、早乙女博士であり、
そして彼の妻、和子でしょう。
縁もゆかりもない、素性も知れない子どもを、養子とする決断ができた夫妻。
そんな夫妻だったからこそ、ミユキが失踪した時の哀しみは重く、
再び現れた時の喜びは大きかったでしょう。
ですが、早乙女和子は、この物語では…少なくとも画面上は出てきません。
彼女はどのようにミユキに相対したのだろうか?
そして…全てが終わった後、彼女は一体どう感じたのだろうか?

ゴーラ「ミユキは死んだわ!
それもたった今!皆既日食と同時にね!」
次にミユキが彼らの前に姿を現したのは、皆既日食が…もはや人間の姿にはなれなくなってしまう、恐竜の姿に戻るとき…あらわれた時。
彼女は、もうハナから死ぬつもりだったのだろう。
もう、それを知っている視聴者には、彼女が…ゴーラがゲッターチームに吐き捨てる挑発すら、痛々しくて悲しいものにしか聞こえない。

ゲッタークイーンは、ろくにゲッターロボに攻撃を仕掛けなかった。
不可避の死を、受け入れるつもりしかなかった。

だからこそ。
帝王ゴールの決断すら、悲劇を彩る一手になってしまう。
ただ、彼は、「娘を救いたかった」だけなのに…

帝王ゴール「おのれゲッターロボ!
ギンに援護させろ、このままではゲッタークイーンがやられてしまう!」

TVアニメ版ゲッターロボは、恐竜帝国編・百鬼帝国編(G)と二系統の物語があるわけですが、
その敵首魁、帝王ゴールとブライ大帝は、同じボスキャラでもだいぶ印象が違います。
有能さ、冷徹さを強く感じるブライ大帝に対し、
帝王ゴールは、シリーズ後半の「大魔神ユラー」の登場とともに加速した愚昧さの演出のせいで、どうも「暗愚」的なイメージがどうしてもつきまとうのですが…

ですが、ブライ大帝にはあまり感じられるエピソードがなかった「人間らしさ」を見せるエピソードを帝王ゴールは持っている、それがこの「悲劇のゲッタークイーン」なのです。


この物語での帝王ゴールは、一貫して「ゴーラの父親」であり、「ハ虫人の王」。
その二者が何より愛する娘を引き裂いてしまった、その苦悩と苦痛を背負い苦しむさまを、
彼はありありと見せているのです。

拍手[0回]

悲劇のゲッターQについて考える そのいち

予約投稿を失敗してた(゚Д゚)
なんかこの1週間おかしいと思ったんだよなあ…

閑話休題!

ゲッターの中でも悲話中の悲話、ゲッターロボ第二十二話「悲劇のゲッターQ」
様々な矛盾を引き起こしてしまうが故にちょっと困った話でもあるのだが、
それでも、早乙女ミユキ=恐竜王女ゴーラの物語は、深く胸を打つ。

物語の初め、ゲッタークイーンを破壊しようとするゴーラは、何を思っていたのだろうか。
そして、ゴーラにこう告げた帝王ゴールは、何を思っていたのだろうか。
「ゴーラ、よく聞くのだ。太陽が黒くなるその日が来れば、お前はいやおうなく恐竜の姿に戻る。
運命に逆らってはいかん。
お前は人間の姿をしていても、人間ではない!恐竜なのだ!」


16歳、(恐竜帝国の)成人式を迎えるその日のためにつくられたロボット。
ゲッタークイーン。
それはゲッターロボの原形であった。

恐竜王女ゴーラは、「早乙女研究所をスパイするために」早乙女家に送り込まれたわけですが、
自分の娘を行かせた、というあたりに、彼の思い覚悟が垣間見える。
だからこそ、「もう一度早乙女家に行かせてください」と懇願したゴーラを行かせたのは、
彼の罪悪感のなせるものだったのだろう。きっと。

雪の降る日に現れた、素性のわからない少女。
誰も引き取り手がなかったため、早乙女博士が引き取ったその子は、「ミユキ」と名付けられ。
そして、彼女は5年前に神隠しにあったかのように姿を消した。

この時点でいろいろゲッターロボの物語と矛盾してきますが
(第一話で、恐竜兵士に「ゲッター線の量が異様だ、日本のどこかに収集している場所があるに違いない」と言われた帝王ゴール様自身が
「ゲッター線を利用している奴らがいる、すぐ調査しろ!」と言っています)
それはなかったように話は進んでいきます。

なお、地上に久々に出たゴーラ…ミユキに、こともあろうにサッカーボールのシュートをぶつけて昏倒させたのが、御存じ僕らのゲッターチームのリーダー・リョウですwwww

拍手[0回]

恐竜帝国という「国家」について考える そのさん

よく考えれば、「恐竜帝国=マグマ層を常に移動している、巨大な基地」のようなものであるが、
彼らはそれ以外に住む場所を持たないのである。
キャプテン・ギルバ(第四十話「日本列島凍結作戦!」)が北極探検にいったのも、
「人間の手にかからない場所」…新たな住処を求めて、の可能性がありそうだ。

恐竜帝国の主目的は、はっきりしている。
「自分たちハ虫人類をおびやかすゲッター線を克服し、地上に進出する」
→「ゲッター線を研究する早乙女研究所は邪魔となるために殲滅する」

これは、
「世界征服をするため、百鬼帝国の手足となる兵を作るのに莫大なエネルギーが必要」
→「新たなエネルギー源である可能性の高いゲッター線増幅装置を狙って早乙女研究所を攻撃する」
百鬼帝国と全く違ったベクトルである。

いわば、早乙女研究所、ゲッターロボとの戦いは、
彼らにとって、「生存のための戦争」であったのだ。

そう思えば、彼らの姿は、
ゲッターチームと戦い命を散らしていくキャプテンたちの姿は、
どこか、物悲しくも思える。

私が自作の小説の中で、最終的に人民を乗せた恐竜帝国マシーンランド「だけ」は破壊されなかった、としたのは、そういうところを考えてのこともある。
原作だと、人民全員ぶっ殺し、だもんなあ…

拍手[1回]

恐竜帝国という「国家」について考える そのに

引き続き、恐竜帝国について考えてみる。
恐竜帝国における被差別階級である「地竜族」だが、彼らが地下階層奥深くに押し込められているのは、「妖術を使う」からだ、という理由があるらしい。
何やら、そこで過酷な労働をやらされている、そういう描写があるのだが…

ナレーション「地竜一族は、妖術を使う忍者一族である。
帝王ゴールは地竜一族の反乱を恐れ、恐竜帝国の最下層部へと閉じ込めてしまったのである!」

彼らは足枷をつけられており、ここからシック…第16話にてゲッターチームと戦う地竜一族が連れ出される時、その足枷を鍵で外されているシーンがある。

彼らは妖術使いの忍者と言うことだが、そんなもので動きを抑制できるものだろうか…



また、彼らはここで強制労働をさせられているようだが、



これはもしや、空間を地層奥深くに広げる工事なのではないだろうか。
恐竜帝国には当然ゴールやガレリイ、バットのような王族や軍属以外に、一般市民がいることだろう。
彼らの人口が増え続けるなら、その居住地が必要になってくるのかもしれない。

つづく。

拍手[0回]

Copyright © それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/29 カルロス]
[10/29 yudouhu]
[10/24 おに]

プロフィール

HN:
フラウゆどうふ(yudouhu)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲッターロボとマジンガーが好きです。

バーコード

ブログ内検索

P R