忍者ブログ

それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)!

70年代ロボットアニメ・ゲッターロボを愛するフラウゆどうふの創作関連日記とかメモ帳みたいなもの。

百鬼百人衆角面鬼兄弟、やきう場に推参す。ZOZOマリンスタジアム編2

「試合がいよいよ始まるね、兄ちゃん!」
「ああ、楽しみだ!」
さて、何とか自席についた二角鬼と三角鬼。
先ほど売店で買ってきた弁当とジュースを手に、準備万端である。
(余談ではあるが、その際に長蛇の大行列に並んだことにとても二人は驚かされた。
どうやら、スタジアムでは食料を手に入れるのも一苦労らしい)
…と。
何やら、自分の頭に手をやって、髪をくしゃくしゃとやっている。
ピン、と来た次兄。それは自分の髪型が気になっているのではない。
「!…何だよ、まだ気になるのか?」
「う、うん」
不安げな顔でうなずく三角鬼。
彼が一体何を気にしているのか、というと…
「大丈夫だって、俺たちの人間擬態は完璧よ…」
ふん、と、鼻息とともに、末弟の心配を笑い飛ばす。
「擬態」…そう、彼らの正体は、その頭に尖った角を持つ亜人、「鬼」。
ヒトにはあるはずもないその角を見破られはしないかと、弟は心配しているのだ。
だが、百鬼帝国のエリート集団・百鬼百人衆たる彼らにとっては、角を完全に隠すことなど容易いこと…
そして、角さえ見えなければ、鬼と人間を見極める術など、ない。
しかしながら、弟はそれがわかっていながら不安を抑えきれないのか、ついつい頭に手をやってしまう。
「不安なら帽子でもかぶってるか?買いに行ってもいいぜ」
「ううん、いいや…」
次兄の誘いに、末弟は力なく首を振る。
それは何故か、というと…
ちらっ、と、兄が座っている側とは反対側の席を見やり、小声で。
「だって、もうここ…あんまり出たくない、っていうか」
「…普通に出にくいよな」
二角鬼も首肯する。
今回の彼らの席は三塁側内野席、そこまで悪い席ではない。
だが、それは…ずらっ、と並んだシートの列、そのちょうど真ん中あたりの二席だったのだ。
最初のうちはあまり客がいなかったが、すぐに隣、その隣…と、どんどん人間たちが席についてくる。
これでは、外に出ようと思う度、その人間たちの間を進んでいかねばならず、ちょっと気が向かない。
先に買い物をしていて正解だった、と、思う次兄。
二人は知らないことだが、こういうことがあるので、観客席はまず圧倒的に「列の端・通路側」から埋まっていくのだった。
何しろお手洗いにも行きやすいし、列真ん中のお客さんが外に出ようとするたび、身体を縮めたり立ったりひねったりしなくてもよいのである。
まあ、何はともあれ、座席には着いた。
そしてもうすぐ試合開始…らしい。
軽快な音楽に載せて、スタジアムDJの声がスピーカーを震わせる。
「ライト!カクナカ・カツヤァ!」
と、見下ろすグラウンドその一翼、一塁側のベンチから、白いピンストライプのユニフォームも鮮やかな選手が自分の守備位置へと走り出す!
さんざめく拍手の雨が、一斉にスタジアム中から降り注ぐ。
「!」
「なるほど、拍手で迎えるんだな」
二人も周りの人間どもにならい、拍手で選手たちの出陣を見送った。
拍手をする者だけではなく、両腕を誇らしげにぴん、と伸ばして、何かを掲げている者たちも多く見られた。
「兄ちゃん、名前の書いたタオルを拡げてる人がいっぱいいるね」
「ああやって応援するのか…俺も欲しいな」
それらはどうやら、選手たちの名前が書かれた…フェイスタオルのようなものらしい。
グラウンドを駆ける戦士たちに、ここにお前のファンがいる、と。
ここからお前を見守っている、と、掲げるタオルで叫ぶのだ。
後攻のホームチーム・このZOZOマリンスタジアムの主である千葉ロッテマリーンズのナインたちが、次々と緑鮮やかなフィールドに散っていく。
最後の一人・ピッチャーのワクイヒデアキがマウンドにつき、数回の投球練習を終えると…球審が腕を高く上げ、プレイボールが宣言される。
いよいよ、試合が始まるのだ!




20XX年5月28日(土) ZOZOマリンスタジアム
福岡ソフトバンクホークス vs. 千葉ロッテマリーンズ





「うーん、やっぱりすごいね、兄ちゃん!」
「そうだな!何か、映像で見るのと全然違うぞ!」
1回の表、ホークス側の攻撃は三者凡退。
しかしながら、実際に自分の目で見るプロの技術はすごかった…
あっという間にキャッチャーミットに吸い込まれていくボール。
それを打ち返す打者、しかしすかさず白球の落下点を計算し、それを軽々とキャッチして見せる内野手…
映像という小さく切り取られた世界では見られない臨場感、それがそこにあった。
興奮に顔をやや紅潮させながら、きゃっきゃと笑いあう鬼の兄弟。
…さあ。
そしてこれからが裏のイニング、このZOZOマリンスタジアムのホームチーム・千葉ロッテマリーンズの攻撃である…


―と。
その時。
歌が聞こえた。
鼓膜を、心を、魂を揺さぶる、歌が聞こえた―



彼らは思わず、その視線をライトスタンドに飛ばした。
「…!」
それは、荘厳な歌声だった。
右翼外野席のマリーンズファンたちが、歌っている。
その歌声は球場の空気を震わせ、広がり、ざわめくそのムードを別の色へと塗り替えていく。
「すごいね、兄ちゃん」
「ああ」
「すごいね…!」
「…!」
二人の口から思わず出たのは、ただただ感嘆の声。
人間の、夢にまで見たプロヤキュウの試合。
鬼の彼らは知らなかった世界が、だからこそ今目にするこの光景が、何よりも威風堂々として映る―





Ooh oh oh oh oh oh, Wow oh oh oh oh oh oh
Ooh oh oh oh oh oh, Wow oh oh oh oh oh oh



(な…何だ?!これは…)


ナインの為に 我らは歌う!
今日の勝利は マリーンズのもの!



(全員が立って歌いながら…タオルを振り回している?!)


包まれていた。その場を支配する、圧倒的な空気感に。
ユニフォームを買い、外野席ライトスタンドに戻ってきた一角鬼…
だが、先ほどまでと一変してしまった空間に、彼はただ、立ち尽くすしかない。

(何だこの儀式は…『巨人の星』には、こんなこと書いてなかったぞ!)
男も、女も、少年も、老人も。
白にピンストライプのユニフォームを着た彼らは、皆一様にタオルを手にし、それをぐるぐると回しながら…歌っている。
心臓の鼓動を早めるようなスネアドラムの連打が、彼らをより一層に駆り立てる。
「…」
リズムが、変わる。
それをあらかじめ知っていたかのように、ファンたちの歌声は静かにやみ、空を舞っていたタオルが静かに降りていく。
その統率の取れた、まるで訓練された軍隊のような動きに、一角鬼は目を見張るしかなかった。
「どうしたんです?」
「!」
―と。
完全に威圧され、ぼーっと通路に立ち尽くしていた一角鬼に、かけられる声。
見ると、白いユニフォーム姿、黒縁メガネの男が、こちらをやや困った表情で見返している。
「あ、もしかしてこの席ですか?すいません、荷物今よけますんで…」
「あ、ああ」
通路端の席にいたそのひょろっと細長い男は、軽く頭を下げながら、隣のシートに置いていたリュックを抱え上げた。
…確かに自分の持っているチケットを見ると、そのすぐ隣の席が自分の場所のようだ。
ぺこぺこしながら荷物を避ける男に目礼して、自席につく。
「…す、少し聞いてもいいか?」
「はい、何か?」
「先ほどの、皆がやっていたのは、一体…」
「!…お兄さん、もしかして、外野はじめて?」
一角鬼の問いかけに、メガネが一瞬きょとん、とした顔になる。
この席を選んできたものなら、まず当然しないような質問だったからだ。
「は、初めてというか…ヤキュウをこうやって見に来ること自体が」
「そうなんですか~!それじゃあ、いきなり外野だとびっくりしましたよね」
「?」
眉をひそめる鬼に…とはいっても、今は頭のその角を隠しているので、ただの人間の男にしか見えないのだが…メガネはそう言って軽く微笑んで。
遠くで楽器を演奏している軍団を指さしつつ、説明を加えてやる。
「野球で『外野席』っていったら、ほら…あそこにいる応援団の人たちと一緒に、
みんなで立って応援歌を歌ったり、選手の名前を呼んだりしてチームを励ます席なんですよ」
「そうなのか?!」
「…で、『内野席』は、どっちかっていうとゆっくり野球を見たい人向け」
「…」
どうやら、ヤキュウの座席は、何処でも同じというわけではないらしい。
試合をどう楽しみたいかという点で、ナイヤとガイヤを使い分けるもののようだ…
「あの、もしよかったらこれどうぞ。僕、だいたい覚えちゃったんで」
「!…これは?」
「選手の応援歌とチャンステーマの歌詞カードです」
メガネがリュックから何やら取り出してきたのは、小さく折りたたまれた紙だった。
使い込まれているために端がよれたり折れたりしている紙、それを拡げてみると…小さな小さな文字で書かれた歌詞が、左上から右下までびっちり、とその空白を埋めていた。
その数、ちらり、と流し見しただけでも、30は超えている。
(こ…これを暗記、だと?!)
メガネはこれをすでに暗記した、と言った。
おそらく、このライトスタンドにいる者たち、その相当数が同じなのだろう…
先ほどのあまりに統制された動き、そこにはファンたちの努力が隠れているのだ。
「今度はこっちが攻撃ですからね…一生懸命応援して、何とか点とってもらわないと!」
「…」
熱を込めて言うメガネに、まだ状況を飲み込み切れていない長兄、うまく言葉を返せず。
それを、初観戦の(しかもZOZOマリンの外野席!)緊張のためと思ったのか、メガネは笑って手を振りながら言う。
「大丈夫ですよ、とりあえず周りの真似してみてください」
「あ、ああ」
メガネに励まされ、小さくうなずく一角鬼。
そうだ、何を憶するものか。
せっかくきたんじゃないか、夢に見た…人間の、ヤキュウ場。
楽しまなければ、損じゃないか!
そうと決まれば思い切りやってやろうじゃないか、この場にふさわしい行動ってやつを!
隣のメガネも、何やら親切そうだし…


一角鬼がそう心を決めた、刹那。
空を貫いた。男の絶叫が。


MARINES!!
『FIGHTIN'!!』


「?!」
そして、それに続く…自分の周りにいる人間、全員の呼応!
鋭い雄叫びに、一角鬼の心臓が跳ね上がる。
思わず視線を隣のメガネに弾き飛ばせば…その先にも、彼は驚くべきものを見る。
先ほどまでへらへら笑っていた、何だか気の弱そうな、人のよさそうな男…
その表情が、瞬きの間に様変わりしていた。
応援団のシャウトに答え、鬼気迫る顔で、彼もまた叫んでいる…
その顔つきは険しく、最早戦場の突撃兵のごとく。


MARINES!!
『FIGHTIN'!!』



続く手拍子!
ライトスタンドに立つ全員が、グラウンドを見据え、声を合わせ吼える。


L・O・T・T・E! Wow-oh-oh-oh LOTTE!
L・O・T・T・E! Wow-oh-oh-oh LOTTE!



野獣の唸り声のごとき音の洪水に包まれ、人間に偽装した男は…押しつぶされていた。
一角鬼の頬を、つうっ、とつたっていくのは、冷や汗。
自分が経験してきた百鬼帝国軍での地獄の訓練…そこですら、ここまでの気迫を感じることはなかった。
これが人間たちなのか、あの無力で惰弱な?
いや、そんなものはとんでもない思い違いだったのだ、我ら鬼の傲慢な計算違いだ。
嗚呼、だって、見ろよ…この連中を。
その眼はどいつもこいつも、ぎらついている。
チームの勝利を呼び込むべく、ナインに気力を送るべく…!




(な、何だこいつら…一体…!)



拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/29 カルロス]
[10/29 yudouhu]
[10/24 おに]

プロフィール

HN:
フラウゆどうふ(yudouhu)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲッターロボとマジンガーが好きです。

バーコード

ブログ内検索

P R