忍者ブログ

それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)!

70年代ロボットアニメ・ゲッターロボを愛するフラウゆどうふの創作関連日記とかメモ帳みたいなもの。

悲劇のゲッターQについて考える そのさん

リョウ「恐竜王女とやら!ミユキさんの仇、討たせてもらうぜ!」

リョウの言葉に、自分にゲッタートマホークを向けんとするリョウの言葉に、
恐竜王女ゴーラは、泣いている。

ゴーラ(ありがとう、リョウさん…私のために、それほどまで…
ミユキは…「ミユキ」は悔いなく死んで行けるわ…)

メカザウルス・ギンを向かわせたのは、娘に死んでほしくない父の思い。
だが、そのギンの攻撃を身をもって受けたのは、そのゴーラ自身だった。

「ゴールお父様、お父様を裏切ったゴーラを許して…
早乙女のお父様、お父様を裏切ったミユキを許して…」


これは、私がゲッターロボの物語の中で聞いた、もっとも悲痛なセリフだ。
そこに至って、早乙女博士はようやくそれが「娘」であったことを知る。
「娘」は敵種族の一員で、
おそらく(そのとおりなのだが)ゲッタークイーンの設計図を盗み出したスパイで、
そしてメカザウルスからの攻撃からゲッターチームをかばい、
今、まさに、目の前で…死んでいく。
恐竜帝国も人間たちも裏切れなかったために、自分を滅ぼして。

帝王ゴールにとっても、その絶望は重い。
娘は敵にも心を通わせ、自分たち恐竜を「裏切る」だけならまだしも、
自分たちに刃を向けることもできず、
「自殺」という形で、自分が消える選択肢を選んだ。
むしろ攻撃を加えてきた方が、彼自身ゴーラを裏切り者と割り切れてよかったかもしれない。
だが、ミユキはそうしなかった。


人間と、ハ虫人。
その両方の心を持ち、
その架け橋になりえたかもしれない存在である、恐竜王女ゴーラ…早乙女ミユキ。
けれども、彼女は、そのどちらにもやさしすぎて、
結局は、自分を消すことでその葛藤を終わらせた。


ギンに体当たり特攻を喰らわせる寸前に、彼女がつぶやいた言葉。
それは、早乙女博士のこと?それとも帝王ゴールのこと?
それとも、その両方なのか…?


「さよなら、『お父様』…!」


「人間と恐竜が殺しあうのはやめて…
同じイキモノ同士が、殺しあうのはやめて…!」


彼女の悲痛な、最後の言葉。
けれども、もう、それは早乙女博士にも帝王ゴールにも届かない。
「娘」を失ってしまった彼らには、退くことは最早できなくなったのだ。


スパロボAで、彼女は選択肢によっては生き残る。
それは、喜ばしいことだけれども、ある意味では、哀しい。
「帝王ゴールを完全に裏切った」ということになるから。


どちらも愛し、どちらも捨てきれず、どちらをも裏切った。
それこそが、この「悲劇のゲッターQ」を名作足らしめている要素だと、私は思っているので…

拍手[1回]

PR

悲劇のゲッターQについて考える そのに

ミユキの姿になり、早乙女家に帰ってきた恐竜王女ゴーラ。
わずかな時間を過ごし、そしてまた姿を消してしまう…
「早乙女家にお別れがしたい」と行って出てきたゴーラですが、
おそらくミユキの帰りを誰よりも喜んだのは、早乙女博士であり、
そして彼の妻、和子でしょう。
縁もゆかりもない、素性も知れない子どもを、養子とする決断ができた夫妻。
そんな夫妻だったからこそ、ミユキが失踪した時の哀しみは重く、
再び現れた時の喜びは大きかったでしょう。
ですが、早乙女和子は、この物語では…少なくとも画面上は出てきません。
彼女はどのようにミユキに相対したのだろうか?
そして…全てが終わった後、彼女は一体どう感じたのだろうか?

ゴーラ「ミユキは死んだわ!
それもたった今!皆既日食と同時にね!」
次にミユキが彼らの前に姿を現したのは、皆既日食が…もはや人間の姿にはなれなくなってしまう、恐竜の姿に戻るとき…あらわれた時。
彼女は、もうハナから死ぬつもりだったのだろう。
もう、それを知っている視聴者には、彼女が…ゴーラがゲッターチームに吐き捨てる挑発すら、痛々しくて悲しいものにしか聞こえない。

ゲッタークイーンは、ろくにゲッターロボに攻撃を仕掛けなかった。
不可避の死を、受け入れるつもりしかなかった。

だからこそ。
帝王ゴールの決断すら、悲劇を彩る一手になってしまう。
ただ、彼は、「娘を救いたかった」だけなのに…

帝王ゴール「おのれゲッターロボ!
ギンに援護させろ、このままではゲッタークイーンがやられてしまう!」

TVアニメ版ゲッターロボは、恐竜帝国編・百鬼帝国編(G)と二系統の物語があるわけですが、
その敵首魁、帝王ゴールとブライ大帝は、同じボスキャラでもだいぶ印象が違います。
有能さ、冷徹さを強く感じるブライ大帝に対し、
帝王ゴールは、シリーズ後半の「大魔神ユラー」の登場とともに加速した愚昧さの演出のせいで、どうも「暗愚」的なイメージがどうしてもつきまとうのですが…

ですが、ブライ大帝にはあまり感じられるエピソードがなかった「人間らしさ」を見せるエピソードを帝王ゴールは持っている、それがこの「悲劇のゲッタークイーン」なのです。


この物語での帝王ゴールは、一貫して「ゴーラの父親」であり、「ハ虫人の王」。
その二者が何より愛する娘を引き裂いてしまった、その苦悩と苦痛を背負い苦しむさまを、
彼はありありと見せているのです。

拍手[0回]

悲劇のゲッターQについて考える そのいち

予約投稿を失敗してた(゚Д゚)
なんかこの1週間おかしいと思ったんだよなあ…

閑話休題!

ゲッターの中でも悲話中の悲話、ゲッターロボ第二十二話「悲劇のゲッターQ」
様々な矛盾を引き起こしてしまうが故にちょっと困った話でもあるのだが、
それでも、早乙女ミユキ=恐竜王女ゴーラの物語は、深く胸を打つ。

物語の初め、ゲッタークイーンを破壊しようとするゴーラは、何を思っていたのだろうか。
そして、ゴーラにこう告げた帝王ゴールは、何を思っていたのだろうか。
「ゴーラ、よく聞くのだ。太陽が黒くなるその日が来れば、お前はいやおうなく恐竜の姿に戻る。
運命に逆らってはいかん。
お前は人間の姿をしていても、人間ではない!恐竜なのだ!」


16歳、(恐竜帝国の)成人式を迎えるその日のためにつくられたロボット。
ゲッタークイーン。
それはゲッターロボの原形であった。

恐竜王女ゴーラは、「早乙女研究所をスパイするために」早乙女家に送り込まれたわけですが、
自分の娘を行かせた、というあたりに、彼の思い覚悟が垣間見える。
だからこそ、「もう一度早乙女家に行かせてください」と懇願したゴーラを行かせたのは、
彼の罪悪感のなせるものだったのだろう。きっと。

雪の降る日に現れた、素性のわからない少女。
誰も引き取り手がなかったため、早乙女博士が引き取ったその子は、「ミユキ」と名付けられ。
そして、彼女は5年前に神隠しにあったかのように姿を消した。

この時点でいろいろゲッターロボの物語と矛盾してきますが
(第一話で、恐竜兵士に「ゲッター線の量が異様だ、日本のどこかに収集している場所があるに違いない」と言われた帝王ゴール様自身が
「ゲッター線を利用している奴らがいる、すぐ調査しろ!」と言っています)
それはなかったように話は進んでいきます。

なお、地上に久々に出たゴーラ…ミユキに、こともあろうにサッカーボールのシュートをぶつけて昏倒させたのが、御存じ僕らのゲッターチームのリーダー・リョウですwwww

拍手[0回]

恐竜帝国という「国家」について考える そのさん

よく考えれば、「恐竜帝国=マグマ層を常に移動している、巨大な基地」のようなものであるが、
彼らはそれ以外に住む場所を持たないのである。
キャプテン・ギルバ(第四十話「日本列島凍結作戦!」)が北極探検にいったのも、
「人間の手にかからない場所」…新たな住処を求めて、の可能性がありそうだ。

恐竜帝国の主目的は、はっきりしている。
「自分たちハ虫人類をおびやかすゲッター線を克服し、地上に進出する」
→「ゲッター線を研究する早乙女研究所は邪魔となるために殲滅する」

これは、
「世界征服をするため、百鬼帝国の手足となる兵を作るのに莫大なエネルギーが必要」
→「新たなエネルギー源である可能性の高いゲッター線増幅装置を狙って早乙女研究所を攻撃する」
百鬼帝国と全く違ったベクトルである。

いわば、早乙女研究所、ゲッターロボとの戦いは、
彼らにとって、「生存のための戦争」であったのだ。

そう思えば、彼らの姿は、
ゲッターチームと戦い命を散らしていくキャプテンたちの姿は、
どこか、物悲しくも思える。

私が自作の小説の中で、最終的に人民を乗せた恐竜帝国マシーンランド「だけ」は破壊されなかった、としたのは、そういうところを考えてのこともある。
原作だと、人民全員ぶっ殺し、だもんなあ…

拍手[1回]

恐竜帝国という「国家」について考える そのに

引き続き、恐竜帝国について考えてみる。
恐竜帝国における被差別階級である「地竜族」だが、彼らが地下階層奥深くに押し込められているのは、「妖術を使う」からだ、という理由があるらしい。
何やら、そこで過酷な労働をやらされている、そういう描写があるのだが…

ナレーション「地竜一族は、妖術を使う忍者一族である。
帝王ゴールは地竜一族の反乱を恐れ、恐竜帝国の最下層部へと閉じ込めてしまったのである!」

彼らは足枷をつけられており、ここからシック…第16話にてゲッターチームと戦う地竜一族が連れ出される時、その足枷を鍵で外されているシーンがある。

彼らは妖術使いの忍者と言うことだが、そんなもので動きを抑制できるものだろうか…



また、彼らはここで強制労働をさせられているようだが、



これはもしや、空間を地層奥深くに広げる工事なのではないだろうか。
恐竜帝国には当然ゴールやガレリイ、バットのような王族や軍属以外に、一般市民がいることだろう。
彼らの人口が増え続けるなら、その居住地が必要になってくるのかもしれない。

つづく。

拍手[0回]

あいつらもお年玉もらってそうwwwwww

はいほーはいほー

ってなわけで、「ゲッターこばなし」1月編です~
私ももう少ししたら、お年玉をあげる立場になるんだろうなぁ…( ´∀`)シミジミ

ところで、ゲッターロボGだと、リョウ・ハヤト・ベンケイは寮に住んでいない感じの描写
で、「早乙女家に住んでいる」みたいな…
私もそう思い込んでたんですけど、どこかにそれが書いてあったかな?
ちょっと思い出せないので、またゲッターG見返して、しっかり思い出したいですね~

もしそうだと、たぶん早乙女博士は三人にお年玉あげてるんだろうな、って思います
三人はどんなものに使うんでしょうね?
高校生だと、だいたい…
服・マンガや本・ゲーム・遊びに行くときのお金・雑貨・文具とかですかね。
最近だと、それに「スマートフォンゲームへの課金」って感じです。

意外とリョウとかがマンガ買ってそうなイメージあります。
小さいころは親父が厳しいからそういうのを与えられなかったので、
家から離れた反動で…みたいな。

ハヤトは映画とか見に行くのに使ってそう(*^◯^*)

ベンケイは…絶対買い食いだよなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

拍手[0回]

恐竜帝国はどのへんを移動しているのだろう?

恐竜帝国はどのへんを移動しているのだろう?

マグマの海をドンブラコしながら移動しているらしい、恐竜帝国マシーンランド。
実際はどの辺にいるのかな?

要するに、「マグマのあるところ」がポイントなわけで、マグマのある場所と言えば…火山。
つーわけで、「火山分布図」を見てみよう。

政府の防災関係のページ

ここの図を見ると、ぐるっと太平洋を包むような火山の列があって、これを"Ring of Fire"…環太平洋火山帯と言う。
で、ここに日本列島もすっぽり入っちゃうわけである。
そりゃあゴール様たち日本に来れるよね余裕で!

よく見ると、南極にも火山があるんですね!
きっと、だからなんですね…
キャプテン・ギルバが氷河探検に行けたの( ´∀`)(by第40話)

拍手[0回]

Copyright © それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[12/29 カルロス]
[10/29 yudouhu]
[10/24 おに]

プロフィール

HN:
フラウゆどうふ(yudouhu)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲッターロボとマジンガーが好きです。

バーコード

ブログ内検索

P R