忍者ブログ

それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)!

70年代ロボットアニメ・ゲッターロボを愛するフラウゆどうふの創作関連日記とかメモ帳みたいなもの。

悲劇のゲッターQについて考える そのに

ミユキの姿になり、早乙女家に帰ってきた恐竜王女ゴーラ。
わずかな時間を過ごし、そしてまた姿を消してしまう…
「早乙女家にお別れがしたい」と行って出てきたゴーラですが、
おそらくミユキの帰りを誰よりも喜んだのは、早乙女博士であり、
そして彼の妻、和子でしょう。
縁もゆかりもない、素性も知れない子どもを、養子とする決断ができた夫妻。
そんな夫妻だったからこそ、ミユキが失踪した時の哀しみは重く、
再び現れた時の喜びは大きかったでしょう。
ですが、早乙女和子は、この物語では…少なくとも画面上は出てきません。
彼女はどのようにミユキに相対したのだろうか?
そして…全てが終わった後、彼女は一体どう感じたのだろうか?

ゴーラ「ミユキは死んだわ!
それもたった今!皆既日食と同時にね!」
次にミユキが彼らの前に姿を現したのは、皆既日食が…もはや人間の姿にはなれなくなってしまう、恐竜の姿に戻るとき…あらわれた時。
彼女は、もうハナから死ぬつもりだったのだろう。
もう、それを知っている視聴者には、彼女が…ゴーラがゲッターチームに吐き捨てる挑発すら、痛々しくて悲しいものにしか聞こえない。

ゲッタークイーンは、ろくにゲッターロボに攻撃を仕掛けなかった。
不可避の死を、受け入れるつもりしかなかった。

だからこそ。
帝王ゴールの決断すら、悲劇を彩る一手になってしまう。
ただ、彼は、「娘を救いたかった」だけなのに…

帝王ゴール「おのれゲッターロボ!
ギンに援護させろ、このままではゲッタークイーンがやられてしまう!」

TVアニメ版ゲッターロボは、恐竜帝国編・百鬼帝国編(G)と二系統の物語があるわけですが、
その敵首魁、帝王ゴールとブライ大帝は、同じボスキャラでもだいぶ印象が違います。
有能さ、冷徹さを強く感じるブライ大帝に対し、
帝王ゴールは、シリーズ後半の「大魔神ユラー」の登場とともに加速した愚昧さの演出のせいで、どうも「暗愚」的なイメージがどうしてもつきまとうのですが…

ですが、ブライ大帝にはあまり感じられるエピソードがなかった「人間らしさ」を見せるエピソードを帝王ゴールは持っている、それがこの「悲劇のゲッタークイーン」なのです。


この物語での帝王ゴールは、一貫して「ゴーラの父親」であり、「ハ虫人の王」。
その二者が何より愛する娘を引き裂いてしまった、その苦悩と苦痛を背負い苦しむさまを、
彼はありありと見せているのです。

拍手[0回]

PR

悲劇のゲッターQについて考える そのいち

予約投稿を失敗してた(゚Д゚)
なんかこの1週間おかしいと思ったんだよなあ…

閑話休題!

ゲッターの中でも悲話中の悲話、ゲッターロボ第二十二話「悲劇のゲッターQ」
様々な矛盾を引き起こしてしまうが故にちょっと困った話でもあるのだが、
それでも、早乙女ミユキ=恐竜王女ゴーラの物語は、深く胸を打つ。

物語の初め、ゲッタークイーンを破壊しようとするゴーラは、何を思っていたのだろうか。
そして、ゴーラにこう告げた帝王ゴールは、何を思っていたのだろうか。
「ゴーラ、よく聞くのだ。太陽が黒くなるその日が来れば、お前はいやおうなく恐竜の姿に戻る。
運命に逆らってはいかん。
お前は人間の姿をしていても、人間ではない!恐竜なのだ!」


16歳、(恐竜帝国の)成人式を迎えるその日のためにつくられたロボット。
ゲッタークイーン。
それはゲッターロボの原形であった。

恐竜王女ゴーラは、「早乙女研究所をスパイするために」早乙女家に送り込まれたわけですが、
自分の娘を行かせた、というあたりに、彼の思い覚悟が垣間見える。
だからこそ、「もう一度早乙女家に行かせてください」と懇願したゴーラを行かせたのは、
彼の罪悪感のなせるものだったのだろう。きっと。

雪の降る日に現れた、素性のわからない少女。
誰も引き取り手がなかったため、早乙女博士が引き取ったその子は、「ミユキ」と名付けられ。
そして、彼女は5年前に神隠しにあったかのように姿を消した。

この時点でいろいろゲッターロボの物語と矛盾してきますが
(第一話で、恐竜兵士に「ゲッター線の量が異様だ、日本のどこかに収集している場所があるに違いない」と言われた帝王ゴール様自身が
「ゲッター線を利用している奴らがいる、すぐ調査しろ!」と言っています)
それはなかったように話は進んでいきます。

なお、地上に久々に出たゴーラ…ミユキに、こともあろうにサッカーボールのシュートをぶつけて昏倒させたのが、御存じ僕らのゲッターチームのリーダー・リョウですwwww

拍手[0回]

恐竜帝国という「国家」について考える そのさん

よく考えれば、「恐竜帝国=マグマ層を常に移動している、巨大な基地」のようなものであるが、
彼らはそれ以外に住む場所を持たないのである。
キャプテン・ギルバ(第四十話「日本列島凍結作戦!」)が北極探検にいったのも、
「人間の手にかからない場所」…新たな住処を求めて、の可能性がありそうだ。

恐竜帝国の主目的は、はっきりしている。
「自分たちハ虫人類をおびやかすゲッター線を克服し、地上に進出する」
→「ゲッター線を研究する早乙女研究所は邪魔となるために殲滅する」

これは、
「世界征服をするため、百鬼帝国の手足となる兵を作るのに莫大なエネルギーが必要」
→「新たなエネルギー源である可能性の高いゲッター線増幅装置を狙って早乙女研究所を攻撃する」
百鬼帝国と全く違ったベクトルである。

いわば、早乙女研究所、ゲッターロボとの戦いは、
彼らにとって、「生存のための戦争」であったのだ。

そう思えば、彼らの姿は、
ゲッターチームと戦い命を散らしていくキャプテンたちの姿は、
どこか、物悲しくも思える。

私が自作の小説の中で、最終的に人民を乗せた恐竜帝国マシーンランド「だけ」は破壊されなかった、としたのは、そういうところを考えてのこともある。
原作だと、人民全員ぶっ殺し、だもんなあ…

拍手[1回]

恐竜帝国という「国家」について考える そのに

引き続き、恐竜帝国について考えてみる。
恐竜帝国における被差別階級である「地竜族」だが、彼らが地下階層奥深くに押し込められているのは、「妖術を使う」からだ、という理由があるらしい。
何やら、そこで過酷な労働をやらされている、そういう描写があるのだが…

ナレーション「地竜一族は、妖術を使う忍者一族である。
帝王ゴールは地竜一族の反乱を恐れ、恐竜帝国の最下層部へと閉じ込めてしまったのである!」

彼らは足枷をつけられており、ここからシック…第16話にてゲッターチームと戦う地竜一族が連れ出される時、その足枷を鍵で外されているシーンがある。

彼らは妖術使いの忍者と言うことだが、そんなもので動きを抑制できるものだろうか…



また、彼らはここで強制労働をさせられているようだが、



これはもしや、空間を地層奥深くに広げる工事なのではないだろうか。
恐竜帝国には当然ゴールやガレリイ、バットのような王族や軍属以外に、一般市民がいることだろう。
彼らの人口が増え続けるなら、その居住地が必要になってくるのかもしれない。

つづく。

拍手[0回]

2016年最初のサイト更新(*^◯^*)

しました(*^◯^*)
以前書いていたショートストーリーのサルベージ
このPBWというゲームは去年でやめてしまったんですけど、もったいなくて…

最近、ゲッターロボGを見返しています。
ベンケイさんとリョウハヤトは最初なかなかうまくいってなかったんだなあ…ってのが、見返すたびに納得です
そりゃそうですよね、彼らの中にはもう「ムサシ」がいたわけですから。
でも、苦難を乗り越えて、新しいチームになっていったわけです…
ベンケイが影が薄い、なんて、とんでもない。
TV版ゲッターロボGのベンケイは、物語を動かしていく存在の一人なのです。

祖父が戦闘機乗り、父親が航空機パイロットと、ゲットマシンの操縦者としては一番血筋に恵まれてますしね(*^◯^*)!

拍手[1回]

あいつらもお年玉もらってそうwwwwww

はいほーはいほー

ってなわけで、「ゲッターこばなし」1月編です~
私ももう少ししたら、お年玉をあげる立場になるんだろうなぁ…( ´∀`)シミジミ

ところで、ゲッターロボGだと、リョウ・ハヤト・ベンケイは寮に住んでいない感じの描写
で、「早乙女家に住んでいる」みたいな…
私もそう思い込んでたんですけど、どこかにそれが書いてあったかな?
ちょっと思い出せないので、またゲッターG見返して、しっかり思い出したいですね~

もしそうだと、たぶん早乙女博士は三人にお年玉あげてるんだろうな、って思います
三人はどんなものに使うんでしょうね?
高校生だと、だいたい…
服・マンガや本・ゲーム・遊びに行くときのお金・雑貨・文具とかですかね。
最近だと、それに「スマートフォンゲームへの課金」って感じです。

意外とリョウとかがマンガ買ってそうなイメージあります。
小さいころは親父が厳しいからそういうのを与えられなかったので、
家から離れた反動で…みたいな。

ハヤトは映画とか見に行くのに使ってそう(*^◯^*)

ベンケイは…絶対買い食いだよなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

拍手[0回]

お年玉だよ!ヒドラー元帥!(がんばれ!ヒドラー元帥シリーズ)

いつもの廊下も、気が抜けない。
24時間張りつめている監視システムカメラ以外に自分を見ている者などいないはずだ…と思っても、身体の緊張は解けない。
廊下の角を曲がるたび、新たな扉をくぐるたび、その物陰に何者かが潜んでいないかと入念に確認しながら、ここまでやっと、たどりついた。
「…。」
たどりついた、そこは…
とうとう目的地に至り、ヒドラー元帥は思わずため息をついた。
「…ふぅ」
…自らの執務室前。

見慣れたそこに戻るのは、たったの二日ぶり。
百鬼帝国の元帥ともなれば、降りかかってくる仕事は数知れず…
新たな年を迎えるめでたい年始と言えども、彼に許された休日はたったの二日。
ついたち、ふつかと家でゆっくりできたのがもう懐かしい。
たいがいの者の初出勤日は、三が日明けの四日となるが…
どんどんとたまっていくだろう仕事を思えば、気も流行る。
というわけで、哀しいかな…自ら休日を切り上げ、ヒドラー元帥は勤務に赴いたのであった。

だが、元帥たる彼が、まるで人目を避けるかのようにしているのはどういうわけだろう?
それも、他の者がいるはずのない、この日に…
それには、理由があった。
ヒドラー元帥は、恐れているのだ。
今日のこの日を。
今日のこの日に、我が身に襲い掛かってくるやもしれない災難を…


しかしながら、それは杞憂だったのかもしれない。
安堵しながら、彼は己が執務室の扉を開く…
内心、仕事中毒の自分を嗤いながら。
ともかく、この二日の間にたまった仕事の半分は片づけたい、と思いながら。


が、
ドアノブががちゃり、と音を立てた、その瞬間―!


「?!」
びいいいいいいいいいいいいいいいいいいーーーー、と、突然元帥の鼓膜をつんざくような警戒音!
「な、なんだ?!何の音だ?!」
鳴り止まない強烈なブザーに泡を喰うヒドラー。
耐えきれず耳をふさいでしまうも、それでもやかましい音は終わってくれない。
想定外の事態にわたわたしている元帥…
と、そこに、ばたばた、と走ってくる新たな音を彼は聞いた。
「やったあ!うまくいったね、蒼牙鬼ちゃん!」
「ふふん、ほら見ろ地虫鬼、やっぱり私の予想どおりなのだ!」
「―?!」
足音の主たちを振り返るヒドラー元帥の顔に驚愕の色が一気に走っていく…
ああ…
今日、この日!
こいつらだけには見つかりたくなかったのに!!
「過去のデータからすると、ヒドラー元帥がこの3日にハツシュッキンするのは読めていたのだぞ」
「よかった、僕の作った装置、ちゃんと働いたね」
「き…貴様ら?!」
ドアに仕掛けられた警報装置(いつの間に?!)を外してブザーを止めながら笑う地虫鬼、自慢げに鼻を膨らませているのは蒼牙鬼…
どちらも幼少ながらその高い技術力を認められ百鬼百人衆となり、海底研究所でグラー博士とともに百鬼メカロボット開発にいそしんでいる少年少女だが…
「な、何をしに来た?!」
「やだなあ、ヒドラー元帥…年明けと言えば…いつものアレ、ですよね!」
と、地虫鬼が、年相応のわんぱくそうな顔で言う。
「いつものアレ」、に妙なアクセントをつけて。
内心、ヒドラー元帥は舌打ちした…
ああ、それが嫌だから、人目を避け、仕事に赴いたというのに!
頭を抱えたい気持ちのヒドラーの前で、蒼牙鬼と地虫鬼は二人並んで、両手を出して、
臆面もなく言い放ったのだ―



『お年玉、くーださい☆』



建国30年、百鬼帝国。
その中での暮らしは、その王たるブライ大帝がかつて日本と言う国で暮らしていたため、そこでの年中行事が多く存在する。
なので、年始は新たなる年を祝うため、として、偉大なる大帝は臣民に休日をくだされるのだが…
その休日に付与してくるのが、この年中行事。
「年少の者に、年長の者が金銭を授ける」という…子どもたちからすれば、「ハイパーかっぱぎボーナスタイム」以外の何物でもないラッキーイベント。
そう、「お年玉」である!
この目の前のガキどもは、元帥たる自分に金をせびりに来たのである!

「くーださい!くーださい!」
ぴょんぴょん飛び跳ねながら要求を続けるガキ二名に、嘆息するヒドラー元帥。
「何を言うか!き、貴様ら、年末に特別報奨金ももらったであろうが!
子どもの癖にあんな大金をもらっておきながら、まだ金が欲しいというか!」
「それとこれとはベツモンダイなんだぞ。もらえるものはもらうんだぞ」
「グラー博士だってくれました!ヒドラー元帥もくれると思って来ました!」
まっとうなヒドラーの説教に、えへんぷい、とばかりに胸をはってぬけぬけと言ってのける蒼牙鬼。
一方の地虫鬼は、卑怯なことに比較対象を持ち出してお年玉授与の正当性を貫こうとする。
元帥は沈痛な面持ちで、二人を見返していたが…
はっ、と短く息をつき、気合を入れ。
「論外だ!仕事にならん、出てい…」
「出ていけ!」と一喝して、追い払おうと…は、した。
が、その寸前。
「くーださい!くーださい!」
「お年玉、くーださい!」
「うわっ?!な、何をする、貴様らー?!」
ヒドラーに飛びつき、ぎゃあぎゃあ叫ぶ二人組。
服を引っ張りぶらさがり、耳元で全力で叫び倒す。
『くーださい!くーださい!くーださい!くーださい!』
「う…」

そして、執務室にヒドラーの悲痛な声がこだまする。

「うおおおおおおおお…!」


「わあい、こんなにいっぱい!ありがとうございます!」
「ふふん、満足なのだ。礼を言うのだ、ヒドラー元帥」
「…。」
いくばくかの金を握らせたら、二人の子悪魔…いや子鬼は、ころっと態度を変え、すみやかに姿を消した。
あまりに現金すぎるその態度をいさめる元気は、今のヒドラー元帥にはない。
ぐったりと椅子に背を持たれ、ようやく訪れた静寂に目を閉じる…
(く…余計な出費と時間の無駄が!)
しかしながら、それでも勤勉な元帥は、今日ここに来た目的を忘れてはいなかった。
(ともかく、仕事をこなさねば…決裁せねばならぬ書類もたまっておるな)
気を引き締め直し、書類トレーに手を伸ばした…その瞬間だった。


公正公平なるブライ大帝は、能力の高い者を優遇する。
それ故、百鬼帝国百鬼百人衆には、老若男女様々な者がいるのであり。
年若い者であっても、有能ならば、いくらでも出世への道が開ける…


そう、蒼牙鬼と地虫鬼だけではない…
ヒドラー元帥を狙っている者は!


だんっ、だんっ、だんっ!
「ひぐうッ?!」
突如、自分の周りに落ちてきた、三つの黒い影!
驚愕のあまりひきつれた声を上げてしまったヒドラー元帥を囲み、影は高らかに言う…
「恭賀新年、ヒドラー元帥!一角鬼、推参!」
「同じく、二角鬼!」
「同じく、三角鬼!」
「か…角面鬼兄弟?!」
百鬼百人衆の三馬鹿兄弟こと角面鬼兄弟に取り囲まれ逃げ場をふさがれた元帥、その脳裏によからぬ予感が走る。
何故、こ奴らは今、ここに?!
ああ、そして哀れなるかなヒドラー元帥…
その予感は、まさしく的中していた。
兄弟は、にやあっ、と、笑って、元帥に言う。
三人並んで、両手を出して―


『お年玉、くーださい☆』


「は、はあああぁ?!お、お前ら、自分をいくつだと思っとる?!」
「ウッス!ピッチピチの、18歳でぇっす!!」
「まだ高等学校出てませんから!」
「何かのアンケートで、『お年玉は高等学校卒業まで』って意見が一番多かったらしいッスよォ!」
「し、知らん!知らん!早く出て…」
「くーださい!くーださい!」
「ひィッ?!な、何をする、無礼者ォ!」
「くーださい!くーださい!」
「くーださい!くーださい!」
「や、やめんかああああああッ!」
「くーださい!くーださい!」
「くーださい!くーださい!」


執務室から、聞く者の胸をえぐるような、ヒドラー元帥の悲鳴…
だが、無情にも、今日のこの日、この場所で。
その声を聞く者は、全て元帥からお年玉をせびろうとする、狩人たちだけなのであった…



だから、
がんばれ!ヒドラー元帥!
18歳未満の百人衆は、まだまだいるぞ!



拍手[0回]

Copyright © それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[12/29 カルロス]
[10/29 yudouhu]
[10/24 おに]

プロフィール

HN:
フラウゆどうふ(yudouhu)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲッターロボとマジンガーが好きです。

バーコード

ブログ内検索

P R