忍者ブログ

それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)!

70年代ロボットアニメ・ゲッターロボを愛するフラウゆどうふの創作関連日記とかメモ帳みたいなもの。

百鬼百人衆角面鬼兄弟、やきう場に推参す。ZOZOマリンスタジアム編1

「はあ…」
「やっと見えてきた…アレ、だよな?」
「うん、兄ちゃん」
空の青、雲の白。
蒼天が凝結したような、さわやかなこの二色にぱっきりと塗り分けられた、巨大な建物。
角を隠し、人間に偽装した角面鬼兄弟…重い足を引きずって、ようやくスタジアムの姿が肉眼で見えるところまでやってきた。
そう、彼らはここまでの長旅ですっかり疲労してしまっていた。
東京の海岸外れ、人目につかない場所に潜水艇を止め、そこからまず東京駅まで電車で移動。
彼らの国である百鬼帝国にはない、その長くうねうねとした乗り物に興奮していたのも最初のうちだけ…
東京駅までも長かったが、次の乗り換えのために京葉線のホームまで移動する、その構内移動もまた長い。
さらに40分ほど電車に揺られ、やっと目的地の最寄り・海浜幕張駅に到着するも…
またそこからまだまだ歩かなくてはならない。
(マリーンズの公式サイトには海浜幕張駅から徒歩15分と書いてあるが、嘘だぞ絶対20分はかかるぞ)
…というわけで、さすがに彼らはへとへとになってしまったのだった。
それでも、ずっと行ってみたいと焦がれていた「ヤキュウジョウ」がもう目前なのだ…
長い歩道橋を歩いて交差点を渡れば、緑に囲まれたその向こう…三角鬼が指差す先に、夢の舞台が見える。
「あれが…ZOZOマリンスタジアム、だよ」
「…!」
兄弟の網膜に、その青と白が映り込む…
はあ、と、思わず二角鬼がため息を漏らしたのは、感嘆か、それとも安堵か。
「遠かったな…」
「すっごい海沿いじゃん、そこの海岸に潜水艇を止めれば」
「馬鹿野郎、人目に触れちまう」
わやわや言いながら階段を下りていく三馬鹿兄弟、だがその時。
「あっ…」
目を見開いた一角鬼、彼の目に映ったものは…
「…。」
「…。」
思わず、無言になってしまう三人。
それは、「ZOZOマリンスタジアム行」のLED掲示も鮮やかな白青のバスが、たくさんの乗客を乗せて軽やかにスタジアムへ向かっていく姿…
そう。
海浜幕張駅からは、おとな100円こども50円のスタジアム直通バスがあることを、彼らは全く知らなかったのである。





「わあー!」
「おお、こりゃすげえや!!」
それでも、スタジアムの正面に立った瞬間…今までの疲れを溶かしていくほどの興奮と喜びがわいてくる。
行きかう人間どもは、ヤキュウの戦闘服である「ユニフォーム」を着ているし、「ヤキュウボウ」をかぶっている者もいる。
若者だけかと思いきや、少年たちや親子連れ、年季の入ったユニフォーム姿の老人…
まさに老若男女問わず集っているのだ。
ここは、ZOZOマリンスタジアム。
この日本に12ある、ヤキュウで生計を立てるプロ集団…その一つ、「千葉ロッテマリーンズ」の本拠地だ。
とうとう、本物のヤキュウが見られるのだ…
百鬼帝国にはないスポーツ、「ヤキュウ」。
怨敵ゲッターチームが一員・車弁慶に近づくために、自分たちは一級資料「巨人の星」を読んでそれを学んできた。
けれど、もうそれだけじゃ物足りない。湧いてくる気持ちは、最早作戦のためだけのものじゃない。
自分たちでもやってみたい。
そして、見てみたい…プロのやるヤキュウを!
「…やっと、来れたな」
「ああ!」
うれしそうに言う一角鬼。力強くうなずく二角鬼。
「巨人の星」を読んで想像するだけだった舞台は、今ここにあるのだ。
「兄ちゃん!何か食べたい!」
―と。
三角鬼のすっとんきょうな声が、二人を現実に引き戻す。
彼はカラフルなテント群を示し、目をきらきらと輝かせている…
「おおー」
そのどれもこれもから、ほんわかといい匂いがしてくる。
看板には「牛タン」「ソーセージ」「焼きそば」などいう文字とともに、自分たちにはよくわからないがとにかくおいしそうな料理の写真がでかでかと載っている。
「何かいっぱいありすぎてわかんねー!」
「おお…すげえや、あっちのほうまでずらっとあるぜ」
しかも、それがずらり、と列を為す…
どの店にしようか、見て悩むだけでも時間がかかりそうだ…
「うーむ、めちゃくちゃ数があるな。悩んじまうぜ…」
長考に入ろうとした一角鬼、だがそこで末弟が気づいてしまう。
「…あっ」
「うめえわ、これ」
…見ると、次兄の二角鬼。
いつの間に買ってきたのか…ほくほくと湯気を立てる何かを喰っていた。
彼の手の中、「もちもちポテト」と書かれた包みの中に、にょろにょろと長い、揚げたらしきジャガイモ。
「お前…早すぎるだろ」
喰い意地の張った弟にあきれながら、一角鬼もそれをつまんで口に入れる。
ほくり、とほどける、なめらかな塩味。
「うまいうまい、揚げたてうまい」
「ずるいずるい兄ちゃんずるい俺も俺も」
「もっと寄越せ二角鬼」
男三人、あっというまに平らげてしまう。
そして、もちもちポテトで少しだけ食欲が満たされた兄弟は、とりあえずスタジアムの中に入ることにしたのだった。


「そういえば、チケット?はどんな席なの?」
弟に問われ、おもむろに一角鬼はチケットを取り出す。
自分たちではよくわからないため、人間社会に潜伏し情報を集めている百鬼帝国諜報部に依頼して手に入れたのだが…
「どれどれ、えーと…」
「…よくわからん」
「?」
細長い紙きれには、いろいろ細かい字で書いてあり、いまいち要領がつかめない。
球場案内図を見るが、それも見方がよくわからない。
三人雁首をそろえて、案内図の前で首をひねっていた、その時だった。
それを見かねたのか、つなぎを着た案内人らしき青年が近寄ってきた。
「お困りですか?」
「あっ…えっと、これはどこだろう?」
「ああ…お座席ですね?えーっと…」
青年は三人のチケットを見やり、図を示しながら説明してくれる。
…が、彼の答えは、三人の思いもよらないものだった。
「こちらの2枚は、三塁側の内野指定A。こちらはホーム外野応援席ですね」
「え?!」
「つまり、これ…俺たち全員同じ場所じゃない、ってことか?」
「はい」
何ということか。
諜報部の不手際で、まさかの兄弟バラバラ事件発生である。
「ええー?!そんなぁ…」
「ちっ、諜報部の野郎…適当しやがって」
「ど、どうしよう、兄貴?!」
混乱する二角鬼と三角鬼。
長兄は彼らを見やり、少しだけ困った顔をしたが…はっ、と短く息を吐いて、肩をすくめる。
「まあ、いいさ…それに、違う場所を選んだってのも、『偵察』としたらいい口実になるだろ」
「そりゃそうだけど…」
「何だ、お前ら?…心配するなよ、俺がこのガイヤオウエンセキ?ってところに行くぜ」
「!」
「お前らは二人でそのナイヤシテイAってところに行きな」
そう言いながら、一角鬼は外野席チケットを取り、残り二枚を二角鬼の胸に押し付けた。
「いいの?」
「構わねえよ」
「でも、一人じゃ危ないかも…」
「気にすんなって!大丈夫だぜ」
豪快な兄者はけらけらと気楽そうに笑ってみせる。
大体、ここはヤキュウ場…
観客として見に来た自分たちに、どんな脅威があるというのか。
「それじゃ…場所は違うけど、楽しもうぜ!」
「う、うん!」
「兄貴も、何かあったらすぐ連絡くれよな!」
そう言いながら、三人はそれぞれ教えられたゲートに足を向けた。


「ようこそ、マリンスタジアムへ!」
「は、はい」
チケットもぎりのお姉さんに笑顔を向けられ、ちょっと照れ笑いする三角鬼。
次兄と末弟は、無事ゲートを潜り抜け、マリンスタジアムの中に入った。
驚いたのは、「カバンを開けてください」と言われ、中身を見られたこと…
何だかよからぬものを持ってこないように、ということらしいが、そんなことは予想もしていなかった二人は、少しばかり面食らってしまった。
まあ、それでも、ともかく、無事中に入れたわけだ…
ざわざわと人が行きかう音が高い天井に反響していく、たくさんの人間たちがこのコンコースに…グラウンドと観客席を取り巻くスタジアムの大通路…あふれている。
「それにしても、すごい人だね…」
「ああ…うーん、この『通路番号』のところから、もっと中に入れるみたいだな」
先ほどの案内人に教えてもらった通路番号、それを探して二人はてくてくとコンコースを往く。
―と。
コンコースを飾る大きな装飾が、行く手に現れる。
「見て!これ、すごい!」
「おお…!」
三角鬼が、壁にあるそれに目を止めた。
同じくそれに目をやった二角鬼の表情が、笑顔に変わる…





―それは、大きなユニフォームを模したパネル。
そのあちこちに、マジックでメッセージが書かれている。
彼らが愛するチーム・マリーンズへの叱咤激励…
大きい文字、小さい文字。子どもが書いたようなかなくぎ文字も、さらさらと書かれた達筆も。
どれもこれもが、精一杯に叫んでいる。
選手たちに向かって、叫んでいる。

「…人間どもも、本当に『ヤキュウ』が好きなんだな」
「うん…」
見上げる二人の瞳に、感嘆の色。
自分たち鬼より、遥かに脆弱で愚昧な人間ども…
だが、そんな人間であれ、熱く燃える血潮は同じなのだろう。

祈りのモニュメントをしばし、見つめ。
「さあ、行こうぜ!」
二角鬼は自分の席に行こうと弟を促す。
「大丈夫かなあ、兄ちゃん…」
と。
足取りがやや重くなってしまう、末弟の三角鬼。
心やさしい彼は、人間だらけのこの場所でひとりぼっちになってしまった兄を案じているのだ。
「三角鬼、そんな心配するなよ!兄ちゃんなら大丈夫さ」
「うん…でも、せっかく初めてのヤキュウ観戦なんだからさ、三人一緒に見たかったなあ…」
「そだな…」
三人がずっと願ってきたヤキュウ観戦、初体験だからこそ三人で共にそれを分かち合いたかった…と、少しばかりしょんぼりする二人。
…が、そんなことを言っても、今更だ。
三人で一緒にヤキュウを見る、その機会はまたそのうち巡ってくるだろう。
だから、今日。
今を楽しまねば。
にっ、と笑顔一つ。二角鬼は弟に笑って見せて。
「…おい、まだ試合が始まるまで間があるから、何か喰おうぜ!」
「!…うん!」
そう言って、三角鬼を伴い、先に見える売店らしい場所に歩き始めた。



一方。
ホーム外野応援席へと向かった、一角鬼が目の当たりにしたのは…信じられないような光景だった。
白。
それは、白だった。
(く…何だ、これは?!)
見渡す外野席、男も、女も、皆一様に、白。
白の軍団が、その場を占拠していた。
(…ここらにいる連中…ほとんどユニフォームを着ている!)
そこにいるほとんどの者が、上半身に白いユニフォームをまとっているのだ。
その胸には"M"、それは誇らしき彼らのチームの徽章。
(何故だ?!まさか…これが何かのシキタリなのか?!)
あまりに一体感がありすぎて。
一面が白に染まるその様は、もう「制服(ユニフォーム)」というものを通り越して、まるで…一つの生物、巨大な群体のようにすら思える。
…つうっ、と、一角鬼の頬に、つたう汗。
威圧されていた。そのエリア全体が放つ空気に。
気おされてしまったその怯んだ心を奮い立たせなくては、その群体の中を割って自席へとたどり着くのも難しく感じるほどだ。
そう、そのためにはアレがいる…
あの群体の一部となるために、その威圧感の一部となるために。
…ユニフォーム。
通路を通りコンコースに出た一角鬼は、何やら応援グッズを売っているワゴンに向かう。
「…ユニフォームが欲しいんだが」
「はい!どちらのものに致しましょう?」
「う、ううっ…」
ボブカットの似合う、器量良しな女性店員が明るく問いかける。
しかし、一角鬼は困惑しきりだ…
何せ、彼女が示したユニフォーム…やたらとたくさんあるではないか!
「…と、とにかく白で!」
「はい、ホーム用ですね!」
目線を左右に数回往復させた後、それでもどれを選んでいいかなどわかりようもない。
ともかく、あの集団と同じ色であれば、浮きはしないだろう…
そう考えた彼が指差した白いユニフォームを、店員は「ホーム用」と呼んだ。
「ほーむ?」
「ここはマリーンズの本拠地ですので、選手はホーム用の白いユニ。
他の球場に行くときはビジター用の黒を着るんです」
「そうなのか…」
どうやら、この場所で戦う時と、他の場所で戦う時で服の色を変えるらしい。
なかなか面倒そうだ、と一角鬼は思ったりした。
「選手ネーム入りにしますか、それとも無地?」
「む、無地で」
どうやらあらかじめ選手の名前や背番号がつけられているものもあるらしいが、まだよくわからない。
とりあえずあの中にいられるだけの偽装でいいのだ、とばかりに、一角鬼は無地のユニフォームを指さす。
6500円のお買い上げである。
「タオルはいかがですか?この歌詞入りタオルとかおすすめなんですけど」
「そ、それもくれ」
店員に言われるままに、ホイホイと札を差し出す一角鬼。
軍資金として諜報部から受け取った日本の金…
諜報部員たちが非合法な手段で、しかも官憲に目をつけられぬよう秘密裏に準備していた金。
彼らがこの場面を見たら、きっと怒りのあまり鼻から血を吹くか、口から泡を吹くであろう。
世界征服のための作戦に使われるべき貴重な金が今、千葉ロッテマリーンズにやすやすと吸い込まれていく。
「後、このチケットホルダーもあると便利ですよ~!応援の時、ポケットからチケットが落ちたら大変ですからねー!」
「あっ、じゃあそれも!」
嗚呼。
さらに1300円、飲み込まれた。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[12/29 カルロス]
[10/29 yudouhu]
[10/24 おに]

プロフィール

HN:
フラウゆどうふ(yudouhu)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲッターロボとマジンガーが好きです。

バーコード

ブログ内検索

P R