忍者ブログ

それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)!

70年代ロボットアニメ・ゲッターロボを愛するフラウゆどうふの創作関連日記とかメモ帳みたいなもの。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恐竜帝国という「国家」について考える そのいち

ゲッターロボの敵サイドである、恐竜帝国
地下のマグマ層の中を移動する巨大な「マシーンランド」が彼らの根城。
地上に降る「ゲッター線」が彼らの身体に害を与えるため、その研究をやめさせるために早乙女研究所に戦いを挑む…というのが、このゲッターロボのストーリーのはじまりである。

第16話「恐竜帝国の謎を追え」では、その恐竜帝国における被差別階級である「地竜族」が出てくる。
どうやら、特殊な力(妖術)を持っているために虐げられている…とのこと。
また、その一方で、バット将軍の発言「キャプテンは貴族の中から厳選されてなるものだ」というものから、恐竜帝国には貴族階級が存在することもわかる。

このあたりは、百鬼帝国と比較すると面白い。

百鬼帝国のエリート集団である百鬼百人衆には、老若男女さまざまな人材がいる
 ⇔恐竜帝国のエリート集団である恐竜帝国軍キャプテンには貴族しかなれない

そのあたりは、建国数十年しかたっていない(30年?)百鬼帝国の歴史の浅さであり、リーダーであるブライ大帝の合理主義のなせる業かもしれない
逆を言えば、恐竜帝国は、凄まじい長い時間を経ている…
それこそマグマの海の中で、延々と。

社会階級の固定も、それ故なのかな~とか、思ったりします。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © それ行け!早乙女研究所所属ゲッターチーム(TV版)! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[12/29 カルロス]
[10/29 yudouhu]
[10/24 おに]

プロフィール

HN:
フラウゆどうふ(yudouhu)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲッターロボとマジンガーが好きです。

バーコード

ブログ内検索

P R